伊豆美レディスクリニック(横浜市青葉区・たまプラーザ駅)は、女性医師を中心に子宮癌・乳癌検診をはじめ、女性の健康全般をサポート致します。

10代~20代の貴女へ

生理が始まったら、貴女のパートナードクター(主治医)を決めましょう。

年齢とかかりやすい疾患の関係

生理が始まり女の子の身体から大人の女へと心も身体もとても変化の大きい年代です。

生理がなかなか始まらなかったり、周期がばらばらだったり、量が多かったり、少なかったり、生理痛が強かったり、なかなか人と比べられないので不安がたくさん出てきますね!また、おっぱいが少しふくらみだして、ちょっと張った感じがしたり・・・

生理が始まったら、婦人科の先生と仲良くなりましょう。貴女のパートナードクター(主治医)を決めてください。
あなたの大切な予定に生理がぶつかったら、少し調整できます。分刻みの入試の時などはベストコンディションで臨めるようにしてはいかがですか?

あなたの大好きな人がみつかるとセックスのことも考えるようになると思います。避妊のことや性感染症のことは情報であふれていますが、なかなか正確な知識を得ることが難しい状況ですね。親に聞くこともなかなか出来ないし・・・

あなたの身体はあなたが自分で守らなければなりませんから、ちょっとだけ勇気をだしてクリニックを受診してください。婦人科を受診したら必ず内診が必要ということはありません。あなたと話をして必要な時だけ行います。

子宮頸癌予防接種について

セックスで人から人へと感染するHPV(ヒトパピローマウィルス)が子宮頸癌の原因のひとつということが解明されました。このHPV(ヒトパピローマウィルス)の感染を防ぐワクチンです。がんの中で予防接種があるのは子宮癌だけです。予防ワクチンを受けて子宮癌をなくしましょう。

セクシャルデビュー前にワクチンを受けることが最善ですが、「性交があったらワクチンを打つ意味がない」などということはありません。

ワクチンを打つ前のセックスで、もし感染していたとしても、ワクチン接種でこれから先のセックスで感染するのを防いでくれますから、ワクチンを受ける意味が大いにあります。高価ですが、3回の接種により、これから20年以上の効果が期待できます。

ただし、ワクチンを受けたことによって今までの感染を治してくれるわけではないことも理解してください。

女性ホルモン(エストロゲン)量は、年齢によって変化していきます
 

ページの先頭へ